医師紹介

院長 蓑田 涼生

ご挨拶

皆様はじめまして、院長の蓑田涼生(みのだりょうせい)です。 私は、大分医科大学を卒業後、2017年4月まで(24年間)熊本大学附属病院耳鼻咽喉科・頭頸部外科に勤務してきました。この間に2年9か月米国への留学し、未だ根本的な治療法の存在しない高度難聴の治療法の開発の研究を行い、帰国後は先天性難聴の治療につながる胎児遺伝子治療という新しい治療概念を確立しました。一方、大学附属病院においては耳鼻咽喉科の悪性(癌)腫瘍、めまい、中耳炎、難聴、副鼻腔炎など耳鼻咽喉科全領域の様々な疾患の治療を担当してきました。熊本、九州、もしくは日本においてこれまでほとんど行われていなかった人工内耳手術、進行喉頭癌に対する喉頭温存手術(喉頭亜全摘手術)、中耳癌に対する根治的手術治療(側頭骨亜全摘出術)、内視鏡下耳科手術など先進的な治療法を熊本の地へ導入し、熊本の耳鼻咽喉科診療の発展に貢献してまいりました。

2017年5月に地域医療機能推進機構熊本総合病院に中耳・内耳手術センターを開設し多くの中耳炎手術、人工内耳手術を行ってきました。2018年の中耳炎手術(鼓室形成術)件数は全国13番目(DPCデータ)でした。中耳炎の手術は、通常耳の後ろを大きく切開して行いますが、私は耳の穴から内視鏡を入れて手術を行う手術法(経外耳道的内視鏡下耳科手術)を採用し、従来の顕微鏡を用いた手術より患者様に負担の少ない治療に努めてきました。名医検索サイトとして権威のあるClintalにおいては、慢性中耳炎の名医(全国21名)の一人として2016年よりリストされています。
耳鼻咽喉科名医のリスト(外部サイトへ)

今後はこれまで学んだ経験と専門知識をもとに、様々な耳鼻咽喉科疾患に対して地域の皆様に、より適切な医療が提供できるように努めていきたいと考えています。特に、これまで専門性を持って診療にあたってきた耳疾患(難聴、めまい、中耳炎)については、より高度な診療が提供できるように引き続き努めていきたいと考えています。クリニック名にもその思いを込めてKumamoto Ear Instituteという名称を加えました。中耳・内耳手術は、連携施設と協力し行っていく予定ですので、お気軽にご相談ください。

医師という視点に凝ることなくできるだけ患者さま目線に立ち、行ってみてよかったと思って頂けるような親しみやすいクリニックを目指していますので、気軽にご来院、ご相談ください。

令和2年9日1日
みのだ耳鼻咽喉科クリニック / Kumamoto Ear Institute
院長 蓑田 涼生

略歴

1984年
大分医科大学医学部 入学
1990年
    同     卒業
1990年
熊本大学医学部附属病院 耳鼻咽喉科 研修医
1991年
社会保険病院 八代総合病院 耳鼻咽喉科 研修医
1991年
熊本大学医学部附属病院 耳鼻咽喉科 研修医
1992年
熊本大学大学院 医学研究科 入学
1996年
      同      修了(医学博士)
1996年
熊本大学医学部附属病院 耳鼻咽喉科 助手
1999年
愛媛大学医学部附属病院 耳鼻咽喉科 助手
2000年
熊本大学医学部 耳鼻咽喉科学 助手
2001年
米国Michigan Ear Institute 客員研究員
2002年
米国ミシガン大学
Kresge Hearing Research Institute
客員研究員
2004年
熊本大学大学院医学薬学研究部
耳鼻咽喉科・頭頸部外科学 助手
2004年
熊本大学大学院医学薬学研究部
耳鼻咽喉科・頭頸部外科学 講師
2009年
熊本大学大学院医学薬学研究部
耳鼻咽喉科・頭頸部外科学 准教授
2016年
熊本大学 附属病院
耳鼻咽喉科・頭頸部外科 診療科長
2017年
地域医療機能推進機構 熊本総合病院
耳鼻咽喉科・頭頸部外科/
中耳・内耳手術センター 診療部長兼センター長
2020年
みのだ耳鼻咽喉科クリニック/
Kumamoto Ear Institute 開設

専門医

1996年
日本耳鼻咽喉科学会専門医
2009年
頭頸部がん暫定指導医
2010年
がん治療認定医
2011年
頭頸部がん専門医
2015年
日本耳鼻咽喉科学会専門研修 指導医
2020年
耳科手術指導医制度 暫定指導医 (*2020年開始の資格制度であり暫定指導医のみ)

海外研修

2011年
臨床研究のため頭蓋底手術研修コースを受講(イタリア, Mario Sanna教授主宰)
2013年
中耳・頭蓋底手術研修コースを受講(スイス, Ugo Fisch教授主宰)

所属学会

  • 日本耳鼻咽喉科学会
  • 日本耳科学会
  • 耳鼻咽喉科臨床学会
  • 日本頭頸部外科学会
  • 日本気管食道科学会
  • 日本めまい平衡医学会
  • International Working Group on Endoscopic Ear Surgery (IWGEES)

業績

総説論文

  • 1 Minoda R., Izumikawa M., Kawamoto K. and Raphael Y. Strategies for replacing lost cochlear hair cells. Neuroreport, 2004
  • 2 蓑田 涼生. 喉頭亜全摘出術(SPL-CHEP)による喉頭機能の温存 耳鼻咽喉科臨床, 2009
  • 3 蓑田 涼生. 局所進行喉頭癌に対する音声保存治療 喉頭亜全摘出手術(SCL-CHEP)の意義と実際.日本気管食道科学会会報, 2009
  • 4 村上大造, 増田聖子, 蓑田 涼生, 鮫島靖浩, 湯本英二. 悪性気道狭窄の治療戦略 甲状腺癌に起因する気管・喉頭狭窄に対する対処 日本気管食道科学会会報, 2011
  • 5 蓑田 涼生. 内耳奇形に伴う反復性髄膜炎. 耳鼻咽喉科臨床, 2014
  • 6 Minoda R., Miwa T., Ise M. and Takeda H. Potential treatments for genetic hearing loss in humans: current conundrums. Gene Ther, 2015

主要な原著論文

  • 1 蓑田 涼生, 宇野 研吾,増田 敦彦.
    めまい症に対するATPの効果. 医学と薬学 30, 1993
  • 2 蓑田 涼生,宇野 研吾. HTLV-1associated myelopathyの神経耳科学的検討. 耳鼻咽喉科臨床, 1993
  • 3 宇野 研吾, 蓑田 涼生, 増田 敦彦.
    めまい症に対するIbudilast(Ketas(R))の臨床効果. 診療と新薬, 1993
  • 4 宇野 研吾, 蓑田 涼生. HTLV-1associated myelopathyの聴平衡障害. 耳鼻咽喉科臨床, 1993
  • 5 Uno K., Minoda R., Noguchi S. and Ishikawa T. Neuro-otologic abnormalities in myelopathy associated with human T-cell lymphotropic virus type 1.Ann Otol Rhinol Laryngol, 1993
  • 6 蓑田 涼生, 宇野 研吾, 福島 正人, 土生 健二郎, 杉 宣宏, 石川 哮.
    オフロキサシン点耳液の効果 耳浴時間による検討. 耳鼻と臨床, 1994
  • 7 蓑田 涼生, 宇野 研吾, 鮫島 靖浩, 増山敬祐, 石川 哮.
    TO-193の耳鼻咽喉科領域における臨床的評価 臨床第III相一般試験. 耳鼻と臨床, 1995
  • 8 Masuyama K, Uno K., Minoda R., Eura M., Samejima Y. and Ishikawa T.
    Muscarinic acetylcholine receptors on human lymphocytes in patients with Meniere’s disease. Acta Otolaryngol, 1996
  • 9 Minoda R., Masuyama K., Toriya T., Uno K., Eura M. and Ishikawa T.
    Recurrent hearing impairment and nystagmus induced by repeated antigen exposure in actively sensitized guinea pigs. Int Arch Allergy Immunol, 1996
  • 10 蓑田 涼生, 鳥谷 尚史, 宇野 研吾, 増山敬祐.
    能動感作内耳I型アレルギーモデルにおける抗原投与後の聴力変動と眼振の出現について. Equilibrium Research, 1996
  • 11 Masuyama K., Toriya T., Minoda R., Eura M., Samejima Y. and Ishikawa T.
    PAF- and histamine-receptor antagonists lessen allergen-induced hearing impairment in guinea pigs. Prostaglandins Other Lipid Mediat, 1998
  • 12 Minoda R., Uno K., Toriya T., Eura M., Noguchi S. and Masuyama K.
    Neurologic and otologic findings in Fisher’s syndrome. Auris Nasus Larynx, 1999
  • 13 Minoda R., Masuyama K., and Habu K.
    Initial steroid hormone dose in the treatment of idiopathic sudden deafness. Am J Otol, 2000
  • 14 Minoda R., Toriya T., and Masuyama K.
    The effects of histamine and its antagonists on the cochlear microphonic and the compound action potential of the guinea pig. Auris Nasus Larynx, 2001
  • 15 Minoda R., Masuda M., and Masuyama K.
    Malignant myoepithelioma arising within the masticator space ectopically. Otolaryngol Head Neck Surg, 2001
  • 16 羽馬 宏一, 蓑田 涼生, 鮫島 靖浩, 湯本 英二.
    当科において遊離空腸再建を行った下咽頭癌症例の検討. 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, 2001v17 Yumoto E., Minoda R., Hyodo M. and Yamagata T. Causes of recurrent laryngeal nerve paralysis. Auris Nasus Larynx, 2002
  • 18 Minoda R., Yanagihara N., Hinohira Y. and Yumoto E.
    Efficacy of mastoid cortex plasty for middle ear aeration in intact canal wall tympanoplasty for cholesteatoma. Otol Neurotol, 2002
  • 19 柳原 尚明, 比野平 恭之, 蓑田 涼生.
    骨パテによる乳突皮質形成術と中耳含気. 耳鼻咽喉科臨床, 2002
  • 20 後藤 英功, 増山 敬祐, 蓑田 涼生, 小畑 敦, 湯本 英二.
    難聴を主訴とした限局型Wegener’s granulomatosisの一症例. Otology Japan , 2002
  • 21 Kawamoto K., Ishimoto S., Minoda R., Brough D. E. and Raphael Y.
    Math1 gene transfer generates new cochlear hair cells in mature guinea pigs in vivo. J Neurosci , 2003
  • 22 Nakaizumi T., Kawamoto K., Minoda R. and Raphael Y.
    Adenovirus-mediated expression of brain-derived neurotrophic factor protects spiral ganglion neurons from ototoxic damage. Audiol Neurootol, 2004
  • 23 Kawamoto K., Sha S. H., Minoda R., Izumikawa M., Kuriyama H., Schacht J. and Raphael Y.
    Antioxidant gene therapy can protect hearing and hair cells from ototoxicity. Mol Ther, 2004
  • 24 増田 聖子, 蓑田 涼生, 岩根 隆太, 湯本 英二.
    中耳手術後にみられる耳漏についての検討. Otology Japan 14, 229-234, 2004
  • 25 Izumikawa M., Minoda R., Kawamoto K., Abrashkin K. A., Swiderski D. L., Dolan D. F., Brough D. E. and Raphael Y.
    Auditory hair cell replacement and hearing improvement by Atoh1 gene therapy in deaf mammals. Nat Med, 2005 カバーページに採用
  • 26 蓑田 涼生.
    マウス耳胞への経子宮的遺伝子導入. 頭頸部自律神経, 2006
  • 27 蓑田 涼生, 湯本 英二.
    両側声帯正中位固定症に対する手術法Ejnell法による声門開大術. 頭頸部外科, 2006
  • 28 松吉 秀武, 蓑田 涼生, 湯本 英二.
    顎下腺腫瘍についての臨床像および診断・治療に関する検討. 頭頸部外科, 2006
  • 29 松吉 秀武, 蓑田 涼生, 須古 和之.
    自律神経失調と起立性調節障害を伴うめまい症例についての臨床的検討. Equilibrium Research, 2006
  • 30 増田 聖子, 蓑田 涼生.
    制御不能であった悪性外耳道炎の1例. Otology Japan, 2006
  • 31 Minoda R., Izumikawa M., Kawamoto K., Zhang H. and Raphael Y.
    anipulating cell cycle regulation in the mature cochlea. Hear Res, 2007
  • 32 Minoda R., Hayashida M., and Masuda M.
    Preliminary experience with beta-tricalcium phosphate for use in mastoid cavity obliteration after mastoidectomy. Otol Neurotol, 2007
  • 33 宮丸 悟, 蓑田 涼生, 湯本 英二.
    呼吸機能からみた、両側声帯正中位固定症に対するEjnell法による声門開大術の効果. 日本耳鼻咽喉科学会会報, 2007
  • 34 松吉 秀武, 蓑田 涼生, 林田 桃子, 湯本 英二.
    過剰なダイエットにより生じたWernicke脳症例. 耳鼻咽喉科臨床, 2007
  • 35 松吉 秀武, 蓑田 涼生, 湯本 英二.
    熊本県における良性発作性頭位眩暈症例の検討. 耳鼻咽喉科臨床, 2008
  • 36 松吉 秀武, 蓑田 涼生, 須古 和之.
    当科における両側半規管麻痺症例についての臨床的検討. Equilibrium Research, 2008
  • 37 松吉 秀武, 蓑田 涼生,湯本 英二.
    聴力像に左右差のない聴神経腫瘍4症例. 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, 2008
  • 38 松吉 秀武, 鮫島 靖浩, 蓑田 涼生, 梶原 薫子, 後藤 英功, 林田 桃子, 田中 文顕, 湯本 英二.
    腫瘍内出血により気道閉塞をきたした副咽頭間隙腫瘍症例. 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, 2008
  • 39 Akter M., Hirai T., Minoda R., Murakami R., Saiki S., Okuaki T., Kitajima M., Fukuoka H., Sasao A., Nishimura S., Yumoto E., Awai K. and Yamashita Y. Diffusion tensor tractography in the head-and-neck region using a clinical 3-T MR scanner. Acad Radiol, 2009
  • 40 松吉 秀武, 蓑田 涼生, 三輪 徹, 須古 和之.
    大学病院における最近のめまい症例についての臨床統計. Equilibrium Research, 2009
  • 41 松吉 秀武, 蓑田 涼生, 三輪 徹, 須古 和之.
    温度刺激検査時のめまい症状に影響を与える諸因子に関する検討. Equilibrium Research, 2009
  • 42 山西 貴大, 村上 大造, 蓑田 涼生, 鮫島 靖浩, 湯本 英二.
    当科における最近3年間の原発不明頸部リンパ節転移癌症例の臨床的検討-原発巣判明症例との比較-.頭頸部癌, 2009
  • 43 増田 聖子, 蓑田 涼生, 松吉 秀武, 湯本 英二.
    広範な気管合併切除を行った甲状腺原発扁平上皮癌の1例. 日本気管食道科学会会報, 2009
  • 44 村上 大造, 松吉 秀武, 蓑田 涼生, 鮫島 靖浩, 湯本 英二.
    小児・若年者(19歳以下)甲状腺乳頭癌の3症例. 頭頸部外科, 2009
  • 45 春野 尊, 蓑田 涼生. マイコプラズマ肺炎に伴う感音難聴例. 耳鼻咽喉科臨床, 2009
  • 46 松吉 秀武, 蓑田 涼生, 増田 聖子, 梶原 薫子.
    蝸牛、前庭症状を初発症状とした肺癌の内耳道転移例.耳鼻咽喉科臨床, 2009
  • 47 松吉 秀武, 蓑田 涼生, 増田 聖子, 梶原 薫子.
    蝸牛、前庭症状を初発症状とした肺癌の内耳道転移例. 耳鼻咽喉科臨床, 2009
  • 48 Sanuki T., Yumoto E., Minoda R. and Kodama N.
    Effects of type II thyroplasty on adductor spasmodic dysphonia. Otolaryngol Head Neck Surg , 2010
  • 49 Sanuki T., Yumoto E., Minoda R. and Kodama N.
    The role of immediate recurrent laryngeal nerve reconstruction for thyroid cancer surgery. J Oncol , 2010
  • 50 Minoda R., Haruno T., Miwa T., and Sanuki T.
    External auditory canal stenting utilizing a useful rolled, tapered silastic sheet (RTSS) post middle ear surgery. Auris Nasus Larynx, 2010
  • 51 Hayashida M., Minoda R., Shinmyo Y., Ohta K., and Tanaka H.
    PC3 is involved in the shift from proliferation to differentiation and maturation in spiral ganglion neurons. Neuroreport, 2010
  • 52 林田 桃子, 蓑田 涼生.
    正常ラットのラセン神経節におけるPC3遺伝子の発現について. 頭頸部自律神経, 2010
  • 53 Miwa T., Minoda R., Kaitsuka T., Ise M., and Tomizawa K. Protein transduction into the mouse otocyst using arginine-rich cell-penetrating peptides. Neuroreport, 2011 カバーページに採用
  • 54 Minoda R., Miwa T., and Sanuki T. An unusual cause of bullous myringitis with acute otitis media. Otolaryngol Head Neck Surg, 2011
  • 55 村上 大造, 蓑田 涼生, 鮫島 靖浩, 湯本 英二.
    甲状腺乳頭癌周囲臓器浸潤症例の治療成績. 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, 2011
  • 56 山田 卓生, 蓑田 涼生, 三輪 徹, 増田 聖子, 兒玉 成博, 鮫島 靖浩.
    当科における人工内耳埋込術の術後合併症に関する検討. 耳鼻と臨床, 2011
  • 57 上谷 浩之, 平井 俊範, 池田 理, 田村 吉高, 中曽根 豊, 蓑田 涼生, 湯本 英二, 山下 康行.
    NBCAで塞栓術を施行した舌動静脈奇形の1例. IVR: Interventional Radiology, 2011
  • 58 三輪 徹, 蓑田 涼生, 増田 聖子.
    発症時に中耳炎を有していた末梢性顔面神経麻痺の4症例. 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, 2011
  • 59 Nishimura S. , Hirai T., Shigematsu Y., Kitajima M., Morioka M., Kai Y., Minoda R., Uetani H., Murakami R. and Yamashita Y. Evaluation of brain and head and neck tumors with 4D contrast-enhanced MR angiography at 3T. AJNR Am J Neuroradiol, 2012
  • 60 三輪 徹, 蓑田 涼生.
    当科における人工内耳埋め込み術後のめまいの検討. Equilibrium Research, 2012
  • 61 Minoda R., Takahashi H., Miyamaru S., Masuda M., Miwa T., Sanuki T., and Hirai T. A postmeningitic cochlear implant patient who was postoperatively diagnosed as having X-linked agammaglobulinemia. Auris Nasus Larynx, 2012
  • 62 Minoda R., Ise M., and Murakami D.
    Surgical removal of diffuse-type Neurofibroma involving the Auditory External Canal in a patient with Neurofibromatosis Type 1.The Journal of International Advanced Otology, 2012
  • 63 Miwa T., Minoda R., Ise M., and Yamada T.
    Mouse otocyst transuterine gene transfer restores hearing in mice with connexin 30 deletion-associated hearing loss. Mol Ther , 2013
  • 64 Miwa T., Minoda R. and Matsuyoshi H.
    Vestibular function in superficial siderosis. BMC Ear Nose Throat Disord, 2013
  • 65 Minoda R., Aoyama T., Murakami D., and Hirai T.
    An asymptomatic intraorbital foreign body for 30 years. Auris Nasus Larynx, 2013
  • 66 三輪 徹, 蓑田 涼生, 山田 卓生, 伊勢 桃子.
    胎生期内耳(耳胞)への遺伝子導入による遺伝性難聴の治療. 耳鼻咽喉科ニューロサイエンス, 2013
  • 67 Yumoto E., Sanuki T., Minoda R., Kumai Y., Nishimoto K. and Kodama N.
    Over-adduction of the unaffected vocal fold during phonation in the unilaterally paralyzed larynx. Acta Otolaryngol, 2014
  • 68 Sanuki T., Yumoto E., Nishimoto K. and Minoda R.
    Laryngeal muscle activity in unilateral vocal fold paralysis patients using electromyography and coronal reconstructed images. Otolaryngol Head Neck Surg, 2014
  • 69 Sanuki T., Yumoto E., Kodama N., Minoda R. and Kumai Y.
    Long-term voice handicap index after type II thyroplasty using titanium bridges for adductor spasmodic dysphonia. Auris Nasus Larynx, 2014
  • 70 Kumai Y., Yumoto E., Nishimoto K. and Minoda R.
    Retrospective analysis of the clinical course for intubation vs. unspecified laryngeal granulomas. Eur Arch Otorhinolaryngol, 2014
  • 71 蓑田 涼生 
    民生用機器を用いた顕微鏡下手術のフルハイビジョン録画. 耳鼻咽喉科展望, 2014
  • 72 Sanuki T., Yumoto E., Nishimoto K., Kodama N., Kodama H. and Minoda R.
    Laryngeal reinnervation featuring refined nerve-muscle pedicle implantation evaluated via electromyography and use of coronal images. Otolaryngol Head Neck Surg, 2015
  • 73 Yamada T., Minoda R., Miwa T. , Ise M., and Takeda H.
    Neurogenesis of the spiral ganglion cells in the cochlea requires the transcriptional cofactor TIS21. Neurosci Lett, 2015
  • 74 Nishimoto K., Minoda R., Yoshida R., Hirai T., Yumoto E.
    A Case of Periodontal Necrosis following Embolization of Maxillary Artery for Epistaxis.
    Case Rep Otolaryngol, 2016
  • 75 Takeda H., Kurioka T,, Kaitsuka T., Tomizawa K., Matsunobu T., Hakim F., Mizutari K., Miwa T., Yamada T., Ise M., Shiotani A., and Minoda R.
    Protein transduction therapy into cochleae via the round window niche in guinea pigs. Mol. Ther. Methods Clin. Dev, 2016
  • 76 Takeda H., Minoda R., Miwa T., Yamada T., Ise M. Transplanting mouse induced pluripotent stem cells into mouse otocysts in vivo.
    Neurosci Lett, 2017
  • 77 Komori M, Yanagihara N, Hyodo J, Minoda R, Hinohira Y.
    Five-year postoperative outcomes of modified staged canal wall up tympanoplasty for primary acquired cholesteatoma. Eur Arch Otorhinolaryngol, 2018
  • 78 Takeda H, Hosoya M, Fujioka M, Saegusa C, Saeki T, Miwa T, Okano H, Minoda R.
    Engraftment of Human Pluripotent Stem Cell-derived Progenitors in the Inner Ear of Prenatal Mice. Sci Rep, 2018
  • 79 Miwa T, Minoda R, Matsuyoshi H, Takeda H.
    The effect of cochlear implants on vestibular-evoked myogenic potential responses and postural stability. Auris Nasus Larynx, 2019
  • 80 Miyamaru S, Minoda R, Kodama N.
    Long-term changes in vocal function after supracricoid partial laryngectomy with cricohyoidoepiglottopexy for laryngeal cancer. Head Neck, 2019
  • 81 Kusaba Y, Miwa T, Ise M, Minoda R.
    Pharyngocutaneous fistula caused by dried ‘Kombu’ (edible seaweed) after total laryngectomy. BMJ Case Rep, 2019
  • 82 Minoda R, Miwa T.
    Non-microscopic Middle Ear Cholesteatoma Surgery: A Case Report of a Novel Head-Up Approach. Otol Neurotol, 2019
  • 83 Miwa T, Minoda R, Ishikawa Y, Kajii T, Orita Y, Ohyama T.
    Role of Dach1 revealed using a novel inner ear-specific Dach1-knockdown mouse model. Biol Open, 2019
  • 84 Takeda H, Miwa T, Kim MY, Choi BY, Orita Y, Minoda R.
    Prenatal electroporation-mediated gene transfer restores Slc26a4 knock-out mouse hearing and vestibular function. Sci Rep, 2019
  • 85 Miwa T, Ohta K, Ito N, Hattori S, Miyakawa T, Takeo T, Nakagata N, Song WJ, Minoda R.
    Tsukushi is essential for the development of the inner ear. Mol Brain, 2020

書籍

  • 1 蓑田涼生.
    耳性帯状疱疹 Ramsay Hunt症候群, 耳介 耳介の炎症 JOHNS東京医学社, 2001
  • 2 蓑田涼生.
    今日の診断指針第6版, 顔面神経麻痺 医学書院, 2010
  • 3 蓑田涼生.
    耳鼻咽喉科感染症の完全マスター 病原体をマスターする 細菌・原虫感染症 , マイコプラズマ 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 医学書院, 2011
  • 4 高橋晴雄、蓑田涼生
    耳鼻咽喉科てこずった症例のブレークスルー, 先天性低ガンマグ ロブリン血症児の髄膜炎後難聴に対する人工内耳手術 pp 72-73, 中山出版, 2013
  • 5 蓑田涼生.
    今日の治療指針2014年版, 乗り物酔い(動揺病)医学書院, 2014
  • 6 蓑田 涼生.
    こんなときの対応法がわかる 耳鼻咽喉科手術ガイド, 耳の手術 中耳奇形に対する手術 アブミ骨固着症例 医学書院, 2015
  • 7 三輪徹, 蓑田涼生.
    耳鼻咽喉科における高齢者への投薬, 耳鳴,めまいに対する投薬 ENTONI 190号 全日本病院出版会, 2016
  • 8 三輪徹、蓑田涼生.
    耳鼻咽喉科処方マニュアル上気道感染症・性感染症, マイコプラズマ肺炎 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 医学書院, 2016
  • 9 蓑田涼生、三輪徹.
    生き物と音の事典 生物音響学会編, 2.哺乳類1霊長類ほか 人工内耳 朝倉書店, 2019
  • 10 蓑田涼生.
    今日の耳鼻咽喉科・頭頸部外科治療指針 第4版, 鼓膜炎 医学書院, 2018
みのだ耳鼻咽喉科クリニック / Kumamoto Ear Institute
診療科目
耳鼻咽喉科、アレルギー科、小児耳鼻咽喉科
予約電話番号(再診のみ)
050-5840-3351
代表電話番号
096-288-2108
FAX番号
096-247-7272
住所
〒861-8006
熊本県熊本市北区龍田7丁目6-1
アクセス
立田幼稚園前バス停徒歩すぐ
*土曜診療時間:▲9:00~12:00、■13:30~16:00
*平日受付時間:●9:00~12:30、●14:00~17:30
 土曜受付時間:▲9:00~11:45、■13:30~16:00
*休診:水曜(午後)、日曜、祝日
診療時間
9:00~12:30
14:00~18:00